地域ニュース

正月用餅作りピーク 福山の店舗兼工場に客次々

2020/12/31 9:59
次々と出来上がる餅を袋詰めする従業員

次々と出来上がる餅を袋詰めする従業員

 正月用の餅作りが30日、ピークを迎え、福山市草戸町の「ばらもち本舗 千萬喜家(ちまきや)」の店舗兼工場もフル稼働。客が続々と訪れ、買い求めていた。
(ここまで 74文字/記事全文 358文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧