地域ニュース

被爆の証人、守る責任 原爆ドームの世界遺産登録25年

2020/12/31 20:53
第5回保存工事が進む原爆ドーム

第5回保存工事が進む原爆ドーム

 広島の二つの世界文化遺産が節目の年を迎えた。原爆ドーム(広島市中区)と厳島神社(廿日市市宮島町)はことし、登録から25年。その歴史と平和の重みを子どもや孫の世代に引き継ぐため、ともに、修復工事が進む。老朽化や自然の脅威、記憶の風化にどう立ち向かい、世界へ向けた発信力を高めていくのか。私たちに課題が突きつけられている。
(ここまで 160文字/記事全文 1724文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 第1回保存工事で「広島折鶴の会」の子どもと記念写真に写る工事関係者(二口とみゑさん提供)
  • 楮山さんの生涯を伝える本を紹介する寺田さん
  • 楮山ヒロ子さん
  • 父の二口正次郎さんが残したドームの写真を前に思い出を話すとみゑさん(撮影・高橋洋史)
  • 保存工事に臨む二口正次郎さん(右)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧