• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県、2日は76人感染 広島市4人と呉市1人が死亡 新型コロナ

トピックス

広島県、2日は76人感染 広島市4人と呉市1人が死亡 新型コロナ

2021/1/2 21:25

広島県庁

 広島県で2日、新たに76人の新型コロナウイルス感染が確認された。また5人の死亡が発表され、死者は計41人になった。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 53人の広島市では、80代1人が重症を患い入院中。他は10代未満から80代までで、このうち軽症46人の中には安佐北区の市立保育園に勤める50代職員1人が含まれている。無症状は6人だった。

 福山市の9人のうち、2人は福山海上保安署の職員だった。他3人はクラスター(感染者集団)が発生した国立病院機構福山医療センター関連で、うち1人は市職員。同センター関連の感染は計55人となった。呉市は2人でいずれも軽症だった。

 県の発表によると、廿日市市の3人のうち40代1人が中等症で入院した。他は府中市3人▽海田町、府中町各2人▽東広島市、坂町各1人―で、いずれも軽症か無症状だった。

 死者は広島市で4人、呉市で1人が発表された。

 これとは別に、県警は、福山市の県東部運転免許センターで運転免許更新の講習を担当する60代の委託職員が感染したと発表した。岡山県在住という。 

【特集】新型コロナウイルス2020

【関連記事】

広島市、1日は50人感染 新型コロナ、高齢者施設クラスターが12人に

広島県内で87人感染、死亡広島5人と福山1人 新型コロナ31日発表


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧