トピックス

松江市長選に出川市議が立候補へ 

2021/1/3 23:45

出川桃子氏

 任期満了に伴う松江市長選(4月11日告示、18日投開票)に、松江市議の出川桃子氏(42)が、立候補する意向を固めたことが3日、分かった。1月中旬にも立候補を表明する見通し。

 出川氏は東京都出身。成蹊大卒業後、東京大生産技術研究所研究室に勤務。夫の出身地の松江市に移住し、2017年4月の市議選で初当選した。昨年10月には、市民団体の直接請求を受けた市役所新庁舎建設の中断を求める住民投票条例案に賛成。市議会最大会派の松政クラブを除名された。現在、自民党松江支部女性局副局長を務める。

 中国新聞の取材に対し、出川氏は「新庁舎問題に象徴される市民不在の市政の構図を次世代に残してはいけない」と動機を述べた。

 市長選では、元日本政策投資銀行松江事務所長の上定昭仁氏(48)が立候補を表明している。このほか、共産党島根県委員会が中国電力島根原発2号機(同市鹿島町)の再稼働に反対する候補の擁立を検討する。(高橋良輔)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧