地域ニュース

いいぞ林業、島根県内の若者参入増 3K払拭へ取り組みも

2021/1/4 21:30
雪の降る飯南町の現場で、高性能重機を操る岡田さん

雪の降る飯南町の現場で、高性能重機を操る岡田さん

 島根県内の林業で、担い手の若返りが進んでいる。世代交代に加え、きこりを志す若者が徐々に増えた。木材生産量が伸びて人材需要が高まる中、かつての3K(きつい、汚い、危険)イメージを払拭(ふっしょく)しようとする事業所の取り組みも続く。
(ここまで 116文字/記事全文 1555文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 吉賀町の造林地で伐採作業を進める若いきこりと談笑する青山部長(右)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧