トピックス

この冬一番の寒気、7日から 中国地方で大雪の恐れ

2021/1/4 21:15

 中国地方は7日から冬型の気圧配置が強まり、山陰や山陽北部を中心に大雪となる恐れがある。山陽南部の平地でも雪が積もる所があるとして、広島地方気象台は4日、積雪や路面の凍結による交通障害などに注意するよう呼び掛けた。

 同気象台によると、7日から9日ごろにかけて、西日本の上空にこの冬一番の寒気が流れ込む見通し。寒気の程度によっては、山陰を中心に天気が大荒れになったり、海上が大しけになったりする可能性がある。

 同気象台は、交通障害をはじめ、電線や樹木への着雪やなだれ、水道管の凍結、農作物や農業施設の管理などに注意が必要としている。(山崎雄一)

【関連記事】

2日の雪は庄原市高野町で積雪61センチ【動画も】


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧