• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県47人感染2人死亡 広島市で忘年会などクラスター3件 新型コロナ【動画】

トピックス

広島県47人感染2人死亡 広島市で忘年会などクラスター3件 新型コロナ【動画】

2021/1/4 22:04

広島県庁

 広島県で4日、新たに47人の新型コロナウイルスの感染が確認された。広島市33人、福山市と東広島市各5人、呉市2人、三次市と廿日市市各1人。1日当たりの新規感染者数が50人を下回ったのは昨年12月7日(42人)以来。県と広島市はそれぞれ1人の死亡を発表し、県内の死者は計45人になった。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の感染者のうち、60代の1人が重症。70、80代の計3人が中等症で、残る29人は軽症か無症状。

 また市は、忘年会の会食など3件の新たなクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。会食は昨年12月26日、市内の飲食店であり、集まった10人のうち7人と従業員1人の計8人の感染を確認。このほか、介護事業所で80代の利用者4人と職員1人の計5人を、別の飲食店で従業員と客の計7人を確認した。

 福山市の5人は30〜60代で、再陽性の1人を含む。うち1人は感染が既に判明している福山海上保安署職員の濃厚接触者。2人は井原市の団体職員の接触者で同じ職場という。

 東広島市、呉市、三次市、廿日市市の患者はいずれも軽症。

 また県警はこの日、県東部運転免許センター(福山市)に勤務する50代と60代の委託職員2人が感染したと発表した。いずれも福山市在住。県警はセンターの運転免許業務に支障はないとしている。 

【特集】新型コロナウイルス2020<2>緊急事態宣言(3月・4月)

【関連記事】

広島県72人感染、2人死亡 複数のクラスターで感染者拡大、3日の新型コロナ

コロナで入院待ち、自宅療養の男性死亡 基礎疾患も 広島市

入院待ち中死亡「画像診断なぜしない」 親族、診察の検証訴え


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧