• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県4人死亡77人感染 5日の新型コロナ マツダ本社でクラスター【動画】

トピックス

広島県4人死亡77人感染 5日の新型コロナ マツダ本社でクラスター【動画】

2021/1/5 21:37

広島県庁

 広島県で5日、新たに77人の新型コロナウイルスの感染が確認された。広島市51人、福山市16人、廿日市市3人、呉市と府中町各2人、三次市と大竹市と東広島市各1人。広島市が県内の医療機関に入院していた4人の死亡を公表し、県内の死者は計49人となった。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の感染者のうち、40代と60代の各1人が中等症。残る49人は軽症か無症状で、うち2人は中区と佐伯区の市立中生徒という。

 福山市の感染者は10〜90代。このうち、高齢者施設「サンサンホーム」(神辺町)でクラスター(感染者集団)が発生し、特別養護老人ホームの入所者4人と職員2人の感染が分かった。市内の高齢者施設でのクラスターは初めてで、1日に感染が確認されたショートステイの利用者1人を含め、関連の感染者は計7人となった。

 クラスターが起きている国立病院機構福山医療センターの入院患者と退院患者計2人、寺岡記念病院の職員と退院患者計2人の感染も判明。同センター関連の感染は計59人、同病院関連の感染は計68人となった。

 呉、三次、大竹、東広島、廿日市の5市と府中町の感染者はいずれも軽症か無症状。県教委によると、呉市の感染者のうち40代は県西部の県立学校の教職員という。

 県教委はまた、県東部の県立学校教職員で竹原市在住の20代1人の感染も明らかにした。大阪府が5日に発表した感染者の1人で、昨年12月23日から私用で府内に滞在しており、府内で入院・療養するために待機中という。

 この日はまた、マツダが府中町の本社でのクラスター発生を明らかにした。同じフロアに勤務する5人が感染したが、工場の操業などに影響はないという。 

【特集】新型コロナウイルス2020


【関連記事】

コロナで入院待ち、自宅療養の男性死亡 基礎疾患も 広島市

入院待ち中死亡「画像診断なぜしない」 親族、診察の検証訴え



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧