• トップ >
  • トピックス >
  • 【中国地方の今年の選挙】<下>柳井市長選 自民系の現・新2氏激突

トピックス

【中国地方の今年の選挙】<下>柳井市長選 自民系の現・新2氏激突

2021/1/5 22:19

 【柳井市長選】複合図書館建設の是非争点

 4選を目指す現職の井原健太郎氏(46)と、証券会社に勤務経験のある新人の下村太郎氏(38)が、いずれも無所属で立つと表明した。ともに自民党員で、自民党勢力の分裂による激しいつばぜり合いが予想される。

 かつて民主党に所属した井原氏は3期目の2017年、自民党山口県連常任顧問の柳居俊学県議会議長の勧誘で入党した。ただ、市内の二つの党地方支部には所属しておらず、今回の選挙でも推薦願は出さずに幅広い得票を狙う。

 下村氏は、党県連会長でもある岸信夫防衛相(衆院山口2区)の後援会幹部から支援を得ている。現市政に不満を持つ複数の市議も後ろ盾に回っている。自民党支持層を取り込むため、党柳井支部には既に推薦願を出している。

 現市政が打ち出した旧柳井商高跡地への複合図書館建設の是非が争点の一つで、市民の間で賛否は割れている。井原氏は「市民が一つにまとまれる議論を経て進める」とし、下村氏は「急がずに再検討する」と消極的な姿勢を示している。(堀晋也)

 【山口市長選】現職の去就に注目

 現職の渡辺純忠氏(76)が5選を目指すかどうかに注目が集まる。党籍がある自民党の関係者の間でも、高齢を理由に引退するとの見方と、安定した市政運営を評価して立候補に期待する声が交錯する。会社役員の野津博之氏(67)が無所属で立つ準備を進めている。

 渡辺氏は進退について、新型コロナウイルス対策で多忙を極めたことなどを挙げ「話せる段階ではない」とかわす。進退の表明は早ければ3月の市議会定例会となる見通しだ。党山口支部は引退に備えて、後任の候補者探しも進めている。

 野津氏は2020年12月下旬に記者会見を開き、立候補を表明した。市長選の争点の一つに渡辺氏の多選を挙げ、「5期目は許せない」と訴えた。国会議員の私設秘書をしていた経験があり、18年4月の市議選では落選している。

 ほかに共産党県委員会などが候補者擁立を模索している。17年の前回選で渡辺氏に敗れた2人は、現時点では立候補しない考えを示している。(中川晃平)

 【松江市長選】退く現職、2新人が準備

 現職の松浦正敬市長(72)は2020年12月、4期目の今期限りでの退任を表明した。大合併前の旧市を含め、21年ぶりに新たな県都のリーダーを決める選挙となる。

 いずれも新人で、元日本政策投資銀行松江事務所長の上定昭仁氏(48)と、松江市議の出川桃子氏(42)が立候補を予定。このほか、中国電力島根原発2号機(同市鹿島町)の再稼働に向けた国の審査が最終盤を迎える中、共産党島根県委員会が再稼働に反対する候補の擁立を検討している。

 上定氏は12月下旬、記者会見で立候補を表明した。新型コロナウイルスで傷む経済の立て直し、まちづくりや観光、教育の底上げを強調。「市民に寄り添う市政の実現」を掲げる。経済界の支援を受け、政党の支援は、与野党含め未定とし「政策に賛同を得られるよう幅広く訴える」とした。

 出川氏は今月中旬に立候補を表明する。20年10月、市民団体が市役所新庁舎建設の中断を求めて直接請求した件を例に挙げ、現市政を「市民不在の構図」と批判。市民の声とともにまちづくりに挑戦する市政を目指す。自民党松江支部女性局副局長を務めており、同党に推薦を求める考え。(高橋良輔)

 【浜田市長選】現職、3期目挑戦か

 10月22日で2期目の任期満了となる現職の久保田章市氏(69)は態度を明らかにしていない。2020年12月の記者会見でも「先のことはまだ考えていない」と述べるにとどめた。ただ、市議たちの間では3期目を目指して立候補するとの見方が強い。現時点でほかに目立った動きはない。

 前回選は支援組織を持たない元市議との一騎打ちとなり、5倍以上の得票差で当選した。「無投票の阻止」を掲げる元市議は18年の江津市長選と19年の島根県議選に立候補しており、動きが注目されている。

 市の最重要課題である人口減少について、久保田氏は20年12月、第3子以降の出生祝い金や結婚祝い金の支給を柱とする5カ年計画(21〜25年度)を発表した。次の4年間を担う市政トップは成果が問われる。(梨本晶夫)

 【岡山市長選】現職3選へにじむ意欲

 現職の大森雅夫氏(66)は進退について表明していないものの、3期目を目指すとみられる。中心部のにぎわい創出について「動きだしてはいるが、任期までに全部の整理ができるわけではない」と記者会見で述べるなど、市政課題に継続して取り組む必要性と意欲をにじませている。

 2023年にオープン予定の岡山芸術創造劇場(北区)や、26年度の市役所の移転新築、JR岡山駅への路面電車の乗り入れなどのハード事業がこれからヤマ場を迎える。ソフト事業でも、待機児童のゼロ目標は「解決途上」。飲食クラスター(感染者集団)が頻発する新型コロナウイルスへの対応も続いている。これまでの大森市政の評価が問われる選挙となる。

 再選した前回選は自民、民進(当時)、公明3党の推薦を受け、共産党推薦の無所属新人を破っている。(中島大) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧