• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県「ステージ4」、病床使用50%超す 新型コロナ患者向け、東京など8都府県も

トピックス

広島県「ステージ4」、病床使用50%超す 新型コロナ患者向け、東京など8都府県も

2021/1/5 22:47

 厚生労働省は5日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(昨年12月30日時点)を公表した。政府の対策分科会がステージ3(感染急増)の指標とする「確保病床の25%以上」は28都道府県となった。そのうち群馬、埼玉、東京、愛知、滋賀、大阪、兵庫、奈良、広島の9都府県は感染ピーク時の想定病床数などを基にした別の指標で使用率が50%を超え、ステージ4(爆発的感染拡大)の目安に達した。

 無症状や軽症の感染者増加を背景に、12月30日時点の自宅療養者は前週より3559人増え、1万3083人となった。政府が緊急事態宣言の発令を検討する東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県以外でも、医療現場に大きな負荷がかかっている。

 病床使用率を1週間前の昨年12月23日時点と比べると、滋賀、長崎の2県がステージ3に、埼玉、滋賀、奈良、広島がステージ4に加わった。一方、ステージ4だった北海道は51・1%から45・1%に、高知は59・5%から43・0%に改善した。

 33都府県で前週より確保病床使用率が上昇。東京は重症者用病床の使用率が75・8%となり、空きベッドが失われつつある。

 厚労省は都道府県からの集計を基に、病床使用率を原則毎週公表。確保病床には看護師の手配などに時間がかかり、すぐ使えないベッドも含まれる。実際はさらに逼迫(ひっぱく)している場合もある。 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧