地域ニュース

【バレーボール】崇徳(男子)広島桜が丘(女子)初戦突破 全日本高校選手権が開幕

2021/1/5 23:18
【津商―広島桜が丘】第2セット、広島桜が丘の門田(4)がスパイクを決め、3―2とする(撮影・浜岡学)

【津商―広島桜が丘】第2セット、広島桜が丘の門田(4)がスパイクを決め、3―2とする(撮影・浜岡学)

 バレーボールの第73回全日本高校選手権は5日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、男子は崇徳(広島)が星城(愛知)を2―0で退けた。高川学園(山口)は日本航空(山梨)に0―2で敗れた。玉野光南(岡山)、鳥取中央育英も初戦で姿を消した。

 女子は、広島桜が丘が津商(三重)に2―1で勝利。誠英(山口)は大阪国際滝井に0―2で敗れた。就実(岡山)は青森西にストレート勝ちした。安来(島根)と岩美(鳥取)は敗れた。

<写真集>崇徳、星城に2―0で快勝

<写真集>広島桜が丘、津商に2―1
(ここまで 238文字/記事全文 863文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧