地域ニュース

ICTで生活どう変える 豊かになる試み備後地方でも

2021/1/6 9:59
店に近づくだけでメニューや金額などの情報が自動で入ってくる開発中アプリの画面を見せる宮内社長。店から看板や呼び込みが消える日も近い?

店に近づくだけでメニューや金額などの情報が自動で入ってくる開発中アプリの画面を見せる宮内社長。店から看板や呼び込みが消える日も近い?

 最近急速に広がるICTは「Information and Communication Technology」の略。次世代の社会インフラとして期待のかかる情報通信技術だ。この技術を生かし、私たちの生活がより便利で豊かになる試みが備後地方でも広がりつつある。ICTの可能性を模索する三つの事例を紹介しながら、私たちの未来の豊かな暮らしを想像してみた。
(ここまで 174文字/記事全文 1594文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 画面向こうの保育士の動きに合わせ、おもちゃの楽器を鳴らす子どもと、見守る母親。遠隔での保育も実現できるようになるかも
  • スマホを手に、わなを映すカメラの位置調整をする曽根会長(手前右)たち。害獣駆除も片手で行える時代が来る?
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧