トピックス

「鬼滅」グッズ販売、著作権法違反の疑いで男女逮捕 広島

2021/1/6 19:43

広島県警などが押収した「鬼滅の刃」のキャラクターのグッズ

 人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」のグッズを著作権者の許諾を受けずにインターネットで販売したとして、広島県警生活環境課と安佐北署、神戸税関広島税関支署は6日、内縁関係のいずれも東広島市、無職の女(47)と会社員の男(35)を著作権法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は共謀して昨年8月25日ごろから翌26日ごろまでの間、作品の著作権を持つ会社の許諾を得ずに製造されたものと知りながら、ネットのフリーマーケットアプリで登場人物の「竈門炭治郎(かまど・たんじろう)」などが描かれた飾り物のチャーム17個を2244円で販売し、同10月15日に販売目的で関連グッズ874個を自宅に所持した疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 県警と同支署は情報提供に基づいて昨年10月に2人の自宅を同法違反容疑で家宅捜索した際、「鬼滅の刃」以外に、人気アニメのキャラクターなどの関連グッズ計1038個も押収した。県警生活環境課によると、いずれも著作権者の許諾を得ずに製造されたものとみられる。2人は2016年6月〜昨年9月に同様の手口で計約2100万円を売り上げていたといい、入手ルートなどを調べる。

【関連記事】

「鬼滅」単行本を盗まれた…寄付の輪広がる 山口の温泉施設

盗難の「鬼滅」20冊、戻ってきた

「鬼滅」が興収歴代1位達成 324億円、「千と千尋」超す


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧