トピックス

雲南―三次間の国道54号、午後8時半から通行再開

2021/1/7 20:28

大雪の影響で通行止めになり、島根県方面に向かう車にUターンを促す国土交通省のスタッフ=7日午後4時55分、三次市布野町の道の駅ゆめランド布野(画像の一部を修整しています)

 中国地方の山間部での大雪に関し、7日午後4時半から通行止めとなっていた国道54号の道の駅「掛合の里」(雲南市)―道の駅「ゆめランド布野」(三次市)間について、国土交通省松江国道事務所は同日午後8時半に通行を再開すると発表した。雲南市掛合町入間の上りで同日午前、スリップ事故をきっかけに発生した車の滞留の再発防止のための除雪作業が終わったため。大型車両の通行には、チェーンの装着を呼び掛けるという。

 一方、同日午前9時50分から通行止めとなっている中国やまなみ街道松江自動車道の三次東ジャンクション(JCT)―三刀屋木次インターチェンジ(IC)間の再開の見通しは立っていない。

 雲南市掛合町での滞留については、7日午後3時35分に立ち往生の車を撤去し、解消した。同日午前11時15分ごろに発生した中型トラックのスリップ事故や、降り続いた雪の影響で滞留した多数の車などで最大約4キロ渋滞した。

 強い寒気が上空に流れ込んだ影響で、現場近くの飯南町赤名では午後7時現在で54センチの積雪を記録している。


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧