• トップ >
  • トピックス >
  • 島根県邑南町1人、松江市2人感染 松浦市長が予防徹底呼び掛け 8日新型コロナ

トピックス

島根県邑南町1人、松江市2人感染 松浦市長が予防徹底呼び掛け 8日新型コロナ

2021/1/8 15:06

全国での新型コロナの感染拡大を受け、さらなる予防の徹底を呼び掛ける松浦市長(左)

 島根県と松江市は8日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。松江市の2人と邑南町の1人で、県と市は今後感染が拡大する可能性は低いとしている。

 松江市によると、新たな感染者2人は市内在住の30代男性と、その濃厚接触者。男性は5日に38度台の発熱や頭痛の症状があり、7日のPCR検査で陽性となった。もう1人の感染者も男性の濃厚接触者として検査を受け、7日に感染が確認された。軽症と無症状という。

 市は、2人とも感染可能期間中の接触が少ないことから「現時点で感染拡大の恐れは低い」としている。2人は12月中旬以降、県外への移動歴や県外者との接触がなく、市は感染経路の特定を急いでいる。

 また松江市は8日、対策本部会議を開き、市内で12月以降に28人の感染が確認され、他の地方都市でも感染拡大している状況を危惧。松浦正敬市長は「松江市は安心だということではなく、誰でも感染する可能性があることを心に刻んで、感染予防の徹底を強くお願いしたい」と市民へ呼び掛けた。緊急事態宣言が発表された1都3県への不要不急な往来も控えるよう呼び掛けた。

 県によると、邑南町の1人は、6日に広島県で感染が確認された同町の50代男性の同居人で、年代、性別は非公表。7日のPCR検査で陽性と判明した。39度の発熱があったが、軽症で、感染症対策を講じた県内の医療機関に入院した。

 発症前の14日間は自宅から外出していないため、接触者は限られ、検査で全員の陰性が確認されたという。50代男性の接触者の検査は若干残っているが、県は感染が広がっている可能性は低いとみている。 

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<7>首都圏、緊急事態宣言再発令(2021年1月〜※随時更新)

【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

島根県松江市で20代1人感染 7日の新型コロナ

島根県出雲市で1人感染 県外に移動も 7日の新型コロナ

島根県出雲市で1人感染 6日の新型コロナ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧