トピックス

広島県内で119人感染、1人死亡 8日の新型コロナ

2021/1/8 21:53

広島県庁

 広島県で8日、新たに確認された新型コロナウイルスの感染者119人の内訳は、広島市79人、福山市10人、三次市7人、廿日市市6人など。広島市は県内の医療機関に入院していた1人が死亡したと発表した。県内の死者は計55人となった。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市は市内の医療機関2カ所と高齢者施設、介護事業所、接待を伴う飲食店の計5カ所でクラスター(感染者集団)が起きたと発表。それぞれ計5〜8人の従業者や入院、通院患者たちの感染を確認したという。市内でのクラスターは40件となった。

 福山市の感染者10人のうち5人は、国立病院機構福山医療センターの職員や入院患者らで、関連のクラスター(感染者集団)は計68人となった。同市神辺町の高齢者施設「サンサンホーム」の関連クラスターは計8人となった。

 県によると、三次市の1人はクラスターが発生した同市の美容室の関連。東広島市の1人は、クラスターが発生した高齢者施設の職員で、関連の感染者は計16人となった。

 その他は、呉市が5人▽庄原市が4人▽三原市と東広島市が各3人▽府中町が2人。 

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<7>首都圏、緊急事態宣言再発令(2021年1月〜※随時更新)

【関連記事】

広島県内の美容室でクラスター発生 美容室での確認は初

美容室クラスター、三次市内と公表 市が独自判断

広島県発表の感染者詳報 新型コロナ8日

庄原市立学校の教員1人が感染 市外在住、新型コロナ8日

年末年始の来訪増加「感染の一因」 広島県、感染15人中5人該当


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧