地域ニュース

疫病退散、炎に挑む 尾道で大護摩法要

2021/1/8 20:58
火の中を渡って無病息災などを願う山伏姿の行者(撮影・井上貴博)

火の中を渡って無病息災などを願う山伏姿の行者(撮影・井上貴博)

 新春恒例の柴燈(さいとう)大護摩法要が8日、尾道市西久保町の西国寺であった。新型コロナウイルスの感染が全国で拡大する中、約90人が無病息災や疫病退散を願って火渡りをした。
(ここまで 86文字/記事全文 375文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧