トピックス

広島県、感染増加傾向に 13日ぶり100人超、3連休警戒

2021/1/8 22:24

市民に感染防止対策を呼び掛ける広島市の阪谷担当局長(右)=撮影・安部慶彦

 広島県では8日、13日ぶりに新型コロナウイルスの新規感染者が100人を超えて119人となった。このうち79人は広島市の感染者で、市の阪谷幸春・保健医療担当局長は「再び感染の急拡大が起こる恐れがある」と指摘。年末年始の会食や帰省の影響が大きいとみて、9日からの3連休を前に外出や会食の自粛を呼び掛けた。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 県内の感染者が100人を超えたのは、111人に上った昨年12月26日以来。広島市中心部の酒を出す飲食店の営業時間短縮など県の集中対策が進められる中、いったん増加に歯止めがかかった。広島市でも直近1週間の人口10万人当たりの感染者数は、12月26日時点の44・2人をピークに減少傾向が続き、7日は28・3人に。しかし8日に一転、30・8人に上昇したことを市は重くみる。

 市内の死者数も急増している。1月は7日までで既に13人が死亡。死者の累計34人のうち80代以上が71%と高齢者が目立つ。糖尿病や高血圧、呼吸器や心臓に疾患がある人が29人を占め、市は高齢で持病のある人に特に注意を促す。

 また、市は今年に入り、医療機関や高齢者施設など10件のクラスター(感染者集団)を確認。今月1〜6日に感染経路が分かった142人のうち、家庭内感染は4割に上っているとした。会食がきっかけになっているケースが少なくないという。

 市の阪谷担当局長は「60代以下の感染者も中等症、重症になっている」と強調。3連休の外出機会を減らすよう求めた上で「会食を控え、体調に異変を感じたらすぐ医療機関に相談してほしい」と訴えた。(新山創) 

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<4>「第2波」襲来(2020年7月・8月)

【関連記事】

広島県内で119人感染、1人死亡 8日の新型コロナ

広島県発表の感染者詳報 新型コロナ8日

広島県内の美容室でクラスター発生 美容室での確認は初

庄原市立学校の教員1人が感染 市外在住、新型コロナ8日

年末年始の来訪増加「感染の一因」 広島県、感染15人中5人該当


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧