地域ニュース

呉の面影、人間模様で描く タウン誌「くれえばん」元編集長の木戸俊久さん著作

2021/1/12 13:58
呉の面影を追った自著を手にする木戸さん。「未来は後方にあり」と副題を付した

呉の面影を追った自著を手にする木戸さん。「未来は後方にあり」と副題を付した

 呉市の名物タウン誌「くれえばん」の編集長を30年余り務めた木戸俊久さん(70)が、長年の取材活動で胸に刻まれた「呉の面影」を自著にまとめた。作家や芸能人、野球人たち呉ゆかりの人物のエピソードを満載し、人間模様で街の歴史を描き出している。
(ここまで 119文字/記事全文 691文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧