トピックス

広島県、2人死亡33人感染 12日の新型コロナ【動画】

2021/1/12 23:41

広島県庁

 広島県で12日、新たに33人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市23人、呉市6人、福山市2人など。1日の感染者数が40人を下回るのは昨年12月5日以来約5週間ぶり。また広島市と福山市は、入院中の計2人が11日までに死亡したと発表した。県内の死者は計62人となった。

 広島市の23人は、南区の市立保育園の園児1人と市立中の生徒1人を含む10歳未満〜90代。うち80代の1人が中等症。また、市内の高齢者施設と事業所の各1カ所でクラスター(感染者集団)を確認した。いずれも9日までに従業員たち5人の陽性が分かった。市内のクラスターは42例目。

 この日記者会見した阪谷幸春・保健医療担当局長は「感染者数が少なかったのは、休日で開いていない医療機関が多かったためとみられ、油断できない」と強調。「マスク着用を徹底するなど注意を怠らないでほしい」と呼び掛けた。

 呉市の6人は、昭和西小の児童2人と30〜80代の4人。うち40代の1人はクラスターが発生した市内の病院の職員、70代の1人は入院患者という。

 福山市の2人のうち1人は福山市民病院の20代の職員。もう1人は80代無職男性。県によると、廿日市市の30代1人、三次市の60代1人の感染も確認した。

 また広島県警はこの日、広島中央署管内の交番に勤務する50代の警察官1人の感染を発表した。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況


【関連記事】

コロナ感染者急増、広島県内の病床ぎりぎり 受け入れ困難も

広島市38人感染2人死亡 11日

福山市7人感染、1人死亡 11日

呉市で2人感染 11日


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧