地域ニュース

<写真集>木村文子の歩み

2021/1/12 19:15
アジア大会で銅メダルに輝き、笑顔で日の丸を掲げる(2014年10月=共同)

アジア大会で銅メダルに輝き、笑顔で日の丸を掲げる(2014年10月=共同)

木村文子 9年ぶりに五輪の舞台へ

浅木都紀葉(皆実)、全国Vのこだわり捨てた 陸上女子100障害


この記事の写真

  • 祇園北高2年時の広島県高校総体を県高校新記録で制す(2005年5月)
  • 高校3年時のインターハイ走り幅跳びで優勝を果たす(2006年8月)
  • 横浜国大4年時の日本選手権で初めて決勝に進出。4位に入賞する(2010年6月)
  • 日本選手権で初優勝を飾り、笑顔を見せる(2011年6月)
  • 日本選手権で2連覇し、ロンドン五輪代表に前進(2012年6月)
  • ロンドン五輪に初出場し、予選で敗れる(2012年8月=共同)
  • 日本選手権で13秒03の自己ベストをマーク(2013年6月)
  • 日本選手権で5度目の優勝を飾る(2017年6月)
  • 世界選手権代表としてサニブラウン(後列中央)らと記者会見に臨む(前列右)。大会では女子の主将を務めた(2019年7月)
  • 広島大大学院に入学し、笑顔で抱負を語る(2020年10月)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧