地域ニュース

【詳報・克行被告第26回公判】宮本新八広島県議証言<4>時期が悪いと断りました

2021/1/13 1:03

弁護人 19年5月の2回目の現金のやりとりは北広島町商工会か。

証人 はい。

弁護人 建物か。

証人 はい。

弁護人 建物に部屋があるのか。

証人 はい。

弁護人 密閉されて、回りから見えない部屋か。

証人 そうです。

弁護人 声にロビーが聞こえると証言したが、普通の声で聞こえるのか。

証人 普通の声では聞こえません。大きな声で言い合いになると多少聞こえると思います。

弁護人 「これいつものだから」と言われて、いつももらっていた氷代と違うと思ったのか。

証人 「いつものだから」と出されましたが、2カ月前に出され、参院選が近いので、ちょっとこれは違うんじゃないかと思いました。

弁護人 時期が悪いです、と証言したが、もらう時期がまずいという気持ちだったか。

証人 出された時、いつものやつは10万円なんですけど、時期が悪いと断りました。克行先生は「まあまあ」ともう1度差し出されて、受け取りました。いつもより多めと感じ、いつものやつじゃないと思いました。

弁護人 すぐに分かったのか

証人 厚さを体感して分かりました。

弁護人 封筒に入っていたのではないか。

証人 1万、2万円なら分かりませんが、10万円単位でしたので。

弁護人 新札で10万円は1ミリ。違いが即座に分かったのか。

証人 分かりました。

弁護人 時期が悪い、誤解されると疑われると使ったのでは。

証人 それもあったと思います。

弁護人 2人きりで、こんな選挙のお金は捕まっちゃう、選挙違反になると言っていないのはなぜか。

証人 直接、克行先生に言葉をかけると、関係がこじれると思いました。

弁護人 罪になる、ならないは、渡した方も悪い。選挙違反でやめましょうと言わなかったのか。

証人 発覚しなければいいですが、こうして発覚しました。発覚した時のことを思いました。

弁護人 発覚した時のために、選挙違反をやめましょうと言えたのではないか。

証人 今なら言えるかもしれませんが、その当時は言えませんでした。

弁護人 時期が疑われるのが嫌だが、氷代と思っていたのではないか。

証人 いつもの氷代なら領収書を一緒にいただいていました。

弁護人 公示前に宮本さんがされたことで、自由民主号外、後援会入会申込書、選挙はがきは手伝いしたことはあるか。

証人 ありません。

弁護人 なぜなかったのか。

証人 私のところに来るより、克行先生の後援会、案里先生の後援会の方がされていたと思いました。

弁護人 あなたと克行さんの後援会が重なっていることも影響しているか。

証人 それでどうか分かりません。私から指示したことはありません。
(ここまで 1059文字/記事全文 4988文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧