地域ニュース

【詳報・克行被告第26回公判】石橋竜史広島市議証言<3>この法廷では一切うそをついていません

2021/1/13 1:50

【検察側の追加尋問】

検察官 克行被告の総選挙を3回応援したか。

証人 はい。

検察官 司会、車上運動員、街頭演説会の司会を克行被告にお願いされたのはなぜか。

証人 1つは私が20、30年間マイクを握ってきて、アナウンス技術を選挙に反映させたいということだと思います。

検察官 当時の菅官房長官の街頭演説の司会を頼まれたのはなぜか。

証人 深くこういう理由という連絡はありませんので、深い思いはないです。連絡があったので、当日の1週間から10日までに空いていると言うと、分かりました、と携帯電話でトントンと決まりました。理由は私には明確でありません。

検察官 証人のアナウンス技術や人気に克行被告があやかりたいのだと思ったか。

証人 当時は全く。菅官房長官の司会は複数回やっていないので、すぐにはそう思いません。

【弁護側の追加尋問】

弁護人 市議選でトップ当選した選挙区は、定数はいくつか。

証人 10人です。

弁護人 直近は2位だったが、選挙を戦っていて、「通るなあ」と思ったことはあるか。

証人 1度もないです。明確にはないです。

弁護人 どんな状況でも厳しいと言っていたか。

証人 意図があって「大変だ」とつくろったことはないです。私は選挙カーに乗らず、自転車で一日90キロ、9日間1千キロ走っていました。手を抜かないです。大丈夫と思ったことはないです。

弁護人 手なずけておくお金と検察に言ったか。

証人 はい。言いました。

弁護人 検察の反応は。

証人 それは受け入れてくださりました。違法な趣旨があったかとも聞かれました。
(ここまで 649文字/記事全文 2067文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧