• トップ >
  • トピックス >
  • 新型コロナ専従部署を14日新設 広島県、組織一元化し迅速対応

トピックス

新型コロナ専従部署を14日新設 広島県、組織一元化し迅速対応

2021/1/13 10:50

広島県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、広島県が発生対応や予防対策を担う専従部署を新設する方針を固めたことが12日、分かった。14日付で組織を再編して約30人態勢とし、担当の部長級ポストを設ける。複数の課にまたがる新型コロナ対策を一元化し、素早い対応につなげる。

 複数の関係者によると、専従部署は健康福祉局内に設ける。健康対策課など各課の関連業務をまとめ、PCR検査の促進や感染者の入院先の調整、ワクチン接種の準備などを担う。

 関連する14日付の人事異動も内定した。部長級の「総括官(健康危機管理担当)」に国民健康保険課の平中純課長を、専従部署に置く「新型コロナウイルス感染症対策担当課長」に健康福祉局の渡部滋経営企画監を起用する。

 また、新型コロナの発生対応や症例分析に当たっている県感染症・疾病管理センターを17日、現在の南区から中区の本庁舎に移す。新設部署との連携を強めるのが狙いという。

 県内では昨年3月以降、中国地方5県で最多となる4千人超の新型コロナ感染者が発生した。県は健康福祉局の業務が増えているとして、各部署で分担したり、増員したりして対応している。(樋口浩二)

【関連記事】

広島知事、新型コロナ集中対策の再延長示唆 緊急宣言にも言及

広島県内の美容室でクラスター発生 美容室での確認は初

広島県、2人死亡33人感染 12日の新型コロナ

コロナ感染者急増、広島県内の病床ぎりぎり 受け入れ困難も


【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧