地域ニュース

【詳報・克行被告第27回公判】後援会員男性証言<1>今までの習慣から言って、お金と思いました

2021/1/13 21:50

 河井案里被告(47)が初当選した2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、夫で元法相の克行被告(57)=衆院広島3区=の第27回公判が13日、東京地裁であり、検察側の証人の後援会員男性が証言した。案里被告の応援依頼で克行被告から10万円を渡され、過去にも年末に3万〜5万円を受け取っていたことも明らかにした。後援会員が公判で証言したのは初めて。

【検察側の主尋問】

検察官 おととしに自宅で克行被告から現金10万円をもらったか。

証人 はい。

検察官 おととしの日付は。

証人 5月6日だと記憶しています。

検察官 (後援会の)三矢会が主に活発に活動していた時期は。

証人 河井先生の後援会として1年に1回、政治報告をしていました。地域のコミュニケーションを図るため、先生が来て、話していただいていました。

検察官 三矢会が活発に活動していた時期は。

証人 もう1度。

検察官 三矢会が活発に活動していた時期は。

証人 すみません。

検察官 聞き取りづらいか。

証人 はい。そうです。

検察官 三矢会が活発に活動していた時期は。

証人 活発にしていた。河井先生の国政報告会、地域の行事に先生が来て、あいさつをやっていました。

検察官 どういった時期か。

証人 よく・・・。

検察官 国政報告会はやっていたか。

証人 はい。そうです。

検察官 いつか。

証人 毎年1度です。普通、衆院選前にやっていました。

検察官 国政報告会は、三矢会が提案してやっていたか。それとも克行被告の方からの依頼だったか。

証人 河井先生の依頼です。

検察官 克行被告の衆院選期間中、三矢会はどういう活動をしていたか。

証人 一応、皆さんに国政報告を聞いていただきました。後援会の皆さんに集まってもらって、話していただきました。

検察官 証人は今回の10万円以外に、過去に克行被告からお金をもらっていたか。
(ここまで 761文字/記事全文 3574文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧