地域ニュース

議員アンケート政治とカネに関する意見(2)

2021/1/14 20:04

 呉市議 被買収者に対して検察が司法取引的なアプローチをしているのはいかがなものか?検察のさじ加減で小さなことでも立件されることもあるのに、今回のように何十万円も受け取りながら被買収者が立件されないのはおかしい。法の下に正しく対処すべき。

 呉市議 検察側へ。警察にいた時、選挙違反では被買収者を5人以上いないと事件として扱わないといわれた。今回の事件は数が多すぎるとして末端は切り捨て、事件化しない方針はいかがなものかと思う。有権者へ。有権者は「おらが村の代表」という意識があり、以前は同じ飯を食う意識から金銭の交付があると思う。あしき習慣を排除する意識改革が必要。

 呉市議 ウグイスは8時から20時まで12時間働きますが、参議院では出発がいつも事務所からではなく、いちばん端からスタートすることもあります。そのときは泊まりがけになります。あるいは朝早く事務所をスタートすることもあります。法定費用では難しいと思います。総理が弁士に来る、マスコミの前で話すウグイスが地方議員と同じなのは難しいです。

 呉市議 検察の法に基づく公平公正な取り組み、もらった人の処分、取り扱いに注目したい。適正処理を行っていない被買収者と思われる人は一定の「ケジメ」を自ら行う必要があると思う。

 呉市議 意識改革は大切である。無駄なお金の使い方の慣習は相当強いものだと感じた。昔のやり方がベースであれば、新規にチャレンジする層、現職の若い層からすれば「カネがかかる」となるのであろう。民間事業者で大きなマーケットを動かそうとすれば大きな投資が必要であるが、政治家も似たような感覚は必要である。よって「カネ」の流れやその使途を明確にし、市民に納得いただくことが大切。これからも「お金はかかる」ということを意思表示をするが、それはなぜか?も言い続けていきたいと思います。ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

 呉市議 被買収者はその意図を十分認識した上で受け取っているため。

 呉市議 憲法、地方自治法、選挙制度を改正。地方自治の機能を強化、国と地方の関係を本当に対等にする法改正が必要です。特にこのコロナ禍の中、地方の権限、予算配分権の強化が必要です。マスコミの地方議会扱いも人口規模で格差があまりにも大きいように感じます。

 呉市議 今回の買収事件で金をもらった議員が起訴されなかったことはおかしいと思う。司法取引をされたのか?それならしょうがないと思うが、議員が少なくなって議会が回らないから起訴しなかったというのは違うと思う。

 呉市議 河井夫妻の買収事件は名目の何かに関係なく、もらった議員は全員起訴して公にすべきである。当選祝いでも選挙応援を期待しない資金提供はありえない。

 呉市議 選挙買収目的か、政治活動支援目的かの判断や立証は現行法では困難である。これは立法府みずから抜け道を作った立法作為であり、国民をだましている。選挙区内での政治家同士の資金の流れを禁止し、政党支部や政治資金管理団体への企業・団体献金を禁止しないと企業などとの癒着はなくならない。河井事件では、被買収者に対し立件をしないことを条件に検察に有利な証言をさせており、このようなバーター取引はいけない。政治資金報告書への記載有無に関係なく、被買収者は全員立件すべきである。買収側、被買収側をどちらも立件しないと不公平であり、法の逸脱、職権乱用になると考える。

 呉市議 立法府である国会議員のだらしなさの表れ。

 竹原市議 報道機関の中立・公平性の原則は理解した上であえて記述しますが、一定の報道機関も2019年夏の参院選買収事件当事者(河井夫妻)の日ごろのうわさはご存じだったのではないかと思います。政治家には良識・良心が求められるものと考えるので、そのようなことも含めて報道される必要があったのではと思います(逮捕前に。難しいのは承知の上で)。御社のこの事件に対する報道姿勢には心から敬意を表します。引き続き「政治とカネ」の真相を明らかにし、市井の皆さまに伝えるため頑張ってください。

 竹原市議 国民のために働くべきであり、特権意識は捨てるべきだ。金品を配る人間は金品をもらう人間。報道で名前が出るたび不愉快な思いがする。広島の名を地に落とした責任は重い。

 竹原市議 正直な人間が表に出て、黙っている「うそつき」が得をするのは一番だめ。

 竹原市議 どこまでも住民に尽くすことを考えたら良心は売らない。人の心(一票)をお金で買うような貧しい根性の人は政治家になるべきではない。まじめに働く議員もいることをマスコミは評価するべきだ。政治不信を信頼に変えるためには、賢明な市民の見方も重要だ。古い慣習に縛られない、見抜く、誠実な仕事をしなければならない。女性(議員)をもっと増やし、男性社会の権力や思考を変えなければと思う。

 三原市議 被買収者が罪に問われないのは大問題。

 三原市議 カネのやりとりが当然と考える議員の意識を変える必要がある。また、制度の見直しも必要では。

 三原市議 今回の大規模買収事件の被買収者の辞職について、国民の政治不信がますます大きくなっているのは、このような事件をあいまいにしていることが(原因で)あると思う。国民に不信感をもたれて政治離れを止めるには政治資金規正法、公選法ともに改正が必要と思う。

 三原市議 被買収者は必ず法で裁かれるべきだ。これを見逃せば、悪い根は広島の政界に残ってしまう。議員同士の寄付金等のやりとりを100%否定はしませんが、上限や透明性を求めるなど一定のルールは必要。議員になる10年以上前に、応援している議員さんに献金をしたことがあるが、エールを送る意味があった。

 三原市議 自民党内の内部抗争的な構図があったからこそ大規模なお金が動き、利権を奪われて怒った人たちによりそれが明るみに出たのではないかと思います。政党から議員へ、議員から議員へ、普通に動いているお金がどれくらいあるでしょう。桜を見る会前夜祭が話題になる中でも「参加費2万円」を「招待」と朱書きしたパーティー案内が届き、倫理観も危機管理意識もないのか、と思いました。「先生」と呼ばれる人たちに倫理を説ける人は誰なのでしょう。国会会期中の不逮捕特権など優遇措置をなくす、不正をしたら一発退場・復活なしなど、厳しいルールが必要なのだろうと思います。政治活動の評価の仕組みも必要なのではないかなと思います。

 三原市議 寄付金・交付金または今回のお祝いとか対策費との区別が難しいのでお金のやりとりは一切禁止(違法)にした方がよい。

 三原市議 被買収者の罪を問う。

 三原市議 選挙事務の必要経費のみで、買収で当選しようとする候補者は立候補させるべきでない。また、投票する人の政治意識を高めることが必要である。

 三原市議 地方議員は有権者が少ないので「カネ」の必要性を感じない。報酬で十分である。

 三原市議 河井夫妻の問題を早く解決する。

 三原市議 選挙の必要経費はいると思いますが、買収疑惑がもたれるような金銭のやりとりはやめるべきです。事件に関わった人は選挙民にしっかりと説明すべきです。

 尾道市議 選挙にはお金がかかります(多少なりとも)。現在ではクラウドファンディング等の資金調達方法もありますが、結果的にはお金が動くことにかわりないので、もう少し公費負担のバランスを考えるべきだと思います。

 尾道市議 使途について制限のない政党交付金は廃止するべきであると考える。

 尾道市議 本市議会議員も1名、河井夫妻の買収事件に関与しているとの報道もあり、本人も「河井からお金の入った封筒をもらった」と言っているが、本人からの説明は直接聞いていない。説明責任を果たすべき。それと、副市長に暴力をふるって市議会から「辞職勧告決議案」を可決されたにもかかわらず、相変わらず辞職せずに居座り続け、反省の態度も見えない。決議には法的拘束力を持たすようにすべきだと思う。

 尾道市議 河井夫妻の事件を買収事件と断定していますが、現在公判中です。現段階では買収疑惑事件ではありませんか?法治国家である以上、メディアといえども、法を越えた判断を下すのは問題ではありませんか?推定無罪の今の段階では設問が不適切と思いますが、いかが?
(ここまで 3379文字/記事全文 4989文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧