地域ニュース

議員アンケート政治とカネに関する意見(5)

2021/1/14 20:01

 海田町議 有権者の政治不信を払拭するためにできること全てやって信頼回復するしかないと考えます。今回の事件は本当に残念です。

 海田町議 お金が必要な場合もあるので、全く交付金、寄付金をやめる必要はないと思うが、そもそも人としてのモラルを持って行動すべきと思う。誠実さと正直さを持って行動すれば問題は起こらないはず!

 海田町議 このたびの河井夫婦の件で、初めて氷代とか当選祝い、陣中見舞い等とか選挙の陰にそんなお金の動きがあるということを知りました。昔は選挙のたびに、お金が動いていたと古い議員から聞いてはいましたが、いまだ平然と行われている現状に驚きです。この件が発表以来、広島市議選でも配った話を聞きました。配る方ももらう方も、どんな気持ちで政治家になりたい、なったのだろうと。町、市、県、国を変えたいという希望のもと政治家を目指したのではないでしょうか?税金で私たちの報酬は支払われています。みなさんの代表で、その声を届けるのが役目です。議員はえらくないです。上を目指すのも結構ですが、しっかりと足元を固め、その時期がきたら動けばいいのです。推薦する党もよくそのことを考えるべきです。選挙費用の偏りも、今回の買収事件の要因になったのではないでしょうか。おかしいことをおかしいと言える議員の排除は、国の発展になりません。しっかりと討論しあって妥協案を見つけていく党こそ国の発展につながっていくと信じています。間違っていることにノーと言える、間違ったことのできないそんな議員の増えることを願っています。

 海田町議 応援、支持する国会議員、県議会議員はいるが、今まで金を受け取ったことはなく、県議、市議レベルではやりとりが常識化していることにまったく驚いている。一切の金のやりとりを禁止し、違反した場合は厳罰に処すべき。そうでなければ、一般有権者から政治への信頼が失われ、無縁の町議等にとっては迷惑この上ない。

 海田町議 法律でしっかり取り締まる。政治資金規正法を改正して、刑罰を与える。

 海田町議 広島県では、故藤田前知事の裏金問題の解決が図られず、選挙のたびに水面下では「カネのやりとり」があったように思う。票を「カネ」で買うようなことが絶対にあってはならない。民主主義が成立しなくなる。見識や指導力がある議員が「カネ」を受け取ったと証言しているが、有権者を裏切る行為である。

 海田町議 議員は報酬をいただいている。それでまかない等事務所の維持等行うべきと思う。さらには、県議や広島市議にある政務活動費の額または日当は廃止すべきと思う。費用弁償は仕方ない。政務活動費の額は、現30数万円の検討をされたい。日当は廃止。

 海田町議 (1)今回の大規模買収の原資は政党交付金にあり、1人当たり250円。私の250円は支持もしない自民党や公明党、その他の政党に分配されている。即刻廃止すべきである(2)企業献金は政治を大企業中心に買収し、わずか1%にも満たない財界や大企業のために弱者が泣かされている(3)軍事費の拡大は、国民を守るものではなく、米国の国益を守るものである。「人が人を殺す政治ではなく、人が人を助け救う社会」をつくるのが政治であり、政治家の一番の仕事であるから。

 海田町議 真っ正直に頑張っている議員と罪を犯した議員が今後同じ土俵では、司法に対し国民の信頼が失われる。被買収者の内容は裁判でハッキリするわけですから、あきらかに犯罪と意識してお金をもらった議員は責任をとらせるくらいはあるべきかなと感じました。

 海田町議 今回の事案をもっと重く受け止め、絶対に再発させない意識改革が必要であると考えます。そのためには、被買収者の辞職や法的処罰、言い訳ができるような交付金や寄付金などをやめる等、もっと厳しい処置対策が必要ではないかと思います。

 熊野町議 議員は政治的信用を著しく損なう事件等がある場合は、公人としてしっかりと説明責任を果たせる人間になってもらいたい。

 熊野町議 選挙、民主主義の限界を感ずる。住民の賛同を得ることばかりに(ゴマをすることばかりに)政治活動(と表して)として専念していないか。人気取りばかりして、地域も国も良い方向には向かないのでは…。

 熊野町議 今回の事件に関しては、大規模だったのと、河井夫婦の強引さとバックにいた自民党幹部が出した金が一番の原因だと思うが…。ここで被買収者の責任を徹底的に問うことで再発防止となる。クリーンな選挙をしている人も多い。私も含めて、そういう議員から見ると被買収者(表に出ていない人も含めて)と同じ土俵で選挙を戦うのは不愉快であり、有権者の意志を置き去りにした行為である。

 熊野町議 前の参院選で、自民党の助成金、溝手さんに1500万円、河井さんに1億5千万円渡っていますが、現在いろいろな所で各議員、首長に渡った金で約1千万くらいでしょうか。それは自分のポケットマネーと河井さんは言っているようですが、この1億5千万円の使途については、どのマスコミも(テレビ、ラジオ、新聞、週刊誌等)報道していません。私としては、この使途について、少しは追及すればと思っています。そうすれば、自民党が無理して2名公認したことが明らかになると思います。

 坂町議 お金のかからない選挙。

 坂町議 検察は起訴すべきであり、まず「けじめ」をつけるべきである。被買収議員も、罪にムラがあり、辞職勧告決議案を受けた後、進退を考える議員、広島市議会議員においては、反省のふりをする議員、県議会議員においては「なるようになれ」みたいな感じの議員。次の選挙に当選すればよいとの感覚に陥るのではないか。よろしくない。まだ未解明の大物についても根が深いと思われるので、同時に根絶すべき。

 坂町議 議員になる方は子どもではない。2期目から十分にできる。長く務めると頭が古くなってくる。新しい方にかわってもらうこと。30歳、40歳、50歳に国または地方をまかす。

 坂町議 河井克行、案里夫妻が辞めればすむこと。辞めさせればすむこと。

 坂町議 選挙では金が動くというのがいまだに常識となっている。意識は地方議会では少なくなったと思う。学校教育に金の動かない選挙、政治をしっかり導入し、子どもの頃から教育していくことが必要と思う。

 坂町議 このたびの河井夫妻の買収事件は二度とあってはならない事件である。河井夫妻だけでなく、根幹までつきつめた捜査を行い、交わりの人たちまで突き詰めるべきである。

 坂町議 被買収者の議員におかれましては、地方議員の立場として町の事を考えるなら断れない事情があります。今回は選挙区以外の議員が平然として現金を受け取ることに問題があります。地方議会への信頼が失われました。残念です。

 安芸太田町議 最近の中国新聞報道姿勢(河井事件に関して)に大いに不満足である。例えば、安芸高田市議会議員選挙の投票日前に立候補者アンケート結果が報じられたことは、少なからず、投票行動に影響を生じさせたと感じられ、公正選挙の確保維持に問題があったと思う。また被買収者にあたるとされる者に対する執拗かつヒステリックとも思える報道に読者のウンザリ感を見聞きしている。事件に関心、報道すべき本質的な事象はポイントがズレており、逃げごし姿勢であることが伝わってくる。

 安芸太田町議 今回があしき前例となり、被買収側は罪に問われないという状況をつくり出してしまった。被買収者が「むしろ被害者は自分」と主張するなど、もはや当事者に罪を自覚認識させるのは難しいのかとさえ思う.責任を追及しない議員が地域から非難される事態に矛盾を感じる。

 安芸太田町議 検察が被買収の議員や後援会関係者を起訴しなかったことは、これからの選挙のあり方や法の平等性に少なからず悪い影響を与えることになると思う。やはり世の中は不条理なのだと若者に知らしめたようなものだ。

 北広島町議 検察は被買収者も起訴し、裁判にかかけるべきである。日本は法治国家である。法を犯し、これを認めている人を罰しないと、広島県は選挙違反天国となる。マスコミは政治家以外の被買収者の名前も報道で公表すべきである。法律違反をしたことに変わりはない。現在も行政等の要職についている人が多数いる。

 北広島町議 一般の企業では、部下が不祥事を起こしたら、上司は責任を取るのが当たり前。政治、特に国会も、同じ党の議員が不祥事を起こした場合、上司にあたる人の辞任や罰金などの刑が必要。

 北広島町議 藤田雄山前知事の場合は、県議会のドンの要求に応えた形での事件で黒幕まで捜査の手が伸びず、歯切れが悪い。河井夫妻の場合、一方的に現金を置いて行く手法で被買収者は被害者の様相を呈している。今回の事件も、県議会のドンはどうなっているのか。誰もが河井夫妻とのつながりが濃厚なのは知っている。彼の人間性も分かっている。しかし、マスコミ報道に載るのは、大物もいるが、末端の議員ばかり。藤田雄山、河井夫妻の場合も同じ県議会のドンであり、何とかすべきではないか。

 北広島町議 今回の河井案里氏の選挙違反では、地方の首長、議員が選挙違反で取り上げられていますが、広島県議は報道も少ない。報道機関としてしっかり対応をお願いしたい。

 北広島町議 被買収者はやめるべき。

 北広島町議 河井夫妻案里氏ブーメラン即時辞職。

 北広島町議 買収金を返せないのは国会議員を通して行う陳情等の弊害である。

 北広島町議 このたびの河井夫妻の買収問題で有権者の政治不信、政治離れが懸念されます。次期選挙にて信頼回復に努めていかなければならないと思っている一人です。国会議員から地方議員まで原点に立ち返り何のための政治か?何のための議員活動か?一人一人が真剣に考えていく必要があると思う!!みなさまが納得されるクリーンな政治のきっかけ、議員の意識改革になったのではないでしょうか。

 大崎上島町議 自分の信念は曲げない。

 大崎上島町議 自民党の内紛だと思う。

 大崎上島町議 老害の勢力拡大のための道具に選挙を使っている人には早く辞めてもらうべきだ。報道に対しても忖度のない平等な報道を求める。現在はあまりにも偏り、見るに値しない内容が多い。

 世羅町議 多額の選挙費用を本部より出す事で、その金の一部が買収に使われていると思う。企業献金の禁止と政党助成金をやめて、買収のない選挙を実現すべきである。

 世羅町議 普段の付き合いや序列からみて、対応が難しいのは理解できる。受け取る方の対応が難しいのであれば、渡す側に対する規制を作るしかない。政治家を失職できる法律を作ればよい。少しは自制心が働くのではないだろうか!

 世羅町議 金額の大小にかかわらず、買収事件として起訴すべきである。

 世羅町議 当選無効になった場合、当選の日にさかのぼって議員報酬の返還義務付けに法改正する必要があるのでは?

 神石高原町議 河井事件は自民党本部のやり方が悪い。河井氏へ1億五千万円、溝手氏1500万円、資金の額が大きすぎる。

 神石高原町議 現金受け取った議員、首長の対応はバラバラで、辞職した者、居すわっている者もおる。県議会議員は辞職者はなしで、早くケジメをつけて辞めるべきだ。説明もなにもない。

 神石高原町議 今回の河井事件は誠に残念であります。こうした慣習が続いている体質が問題だ。わが公明党は推薦した責任を重大に受け止め反省の上に立ってまず謝罪すべきだ。本人の説明責任を求める前に推薦した責任をわびるべきだったと思う。政治とカネの問題での厳正に向き合わねばならないと思う。金をもらった議員をそのままにしている市議会、県議会の常識も問われるがどう対応するのかを見極めたい。議会改革が必要!

 無記名 事務所維持費の50%しか政務活動費が使えないため。残り50%は自己負担している、年間150〜200万は自己負担している。政務活動費で秘書(政策秘書)を1人雇えるぐらいの増額が必要である。そのためには議員定数をもっと削減しなくてはならないと思っている。政務活動費の増額、報酬の増額、議員定数の削減はセットで議論するべきである。

 無記名 議員定数を削除し国会議員は政党助成金があるのでその中でやりくりし監査を十分にする必要がある。また個人献金なしパーティーなし組合からの献金もなし。

以下をクリックで他のページへ
政治とカネに関する意見(1)
政治とカネに関する意見(2)
政治とカネに関する意見(3)
政治とカネに関する意見(4)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧