地域ニュース

三次でコロナ感染急拡大 1月39人、新年会など3件のクラスターも

2021/1/14 21:29
三次市と県が設けた「三次PCRセンター」。開設から4日間で599人が訪れた=三次市十日市西(画像の一部を修整しています)

三次市と県が設けた「三次PCRセンター」。開設から4日間で599人が訪れた=三次市十日市西(画像の一部を修整しています)

 三次市内で新型コロナウイルスの感染が急拡大している。市によると、年明けからの感染者(13日現在)は39人を数え、3件のクラスター(感染者集団)を確認した。県が13日夜に発表した2件のクラスターは、スナックでの飲食や自宅での新年会が発生源になっており、飲食業界には客足が一層遠のく懸念が広がっている。

 「当初、広島市とその周辺での感染拡大だったが、年末年始を挟んで三次市でも多数、発生している」。13日夜に県庁であった記者会見で2件のクラスター発生を発表した県健康対策課の西丸幸治課長は懸念を深めた。初の感染者を確認した昨年4月8日以降の計91人のうち、半数近くが1月以降に集中している。

▽スナック、美容室でもクラスター
(ここまで 310文字/記事全文 1170文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧