• トップ >
  • >
  • 時短、喫茶やカラオケも 広島県が集中対策再延長 出勤者7割減促す

トピックス

時短、喫茶やカラオケも 広島県が集中対策再延長 出勤者7割減促す

2021/1/15 0:12

広島県庁

 広島県が14日に打ち出した新型コロナウイルスの集中対策期間の再延長方針で、新規感染者数が高止まりしていた広島市では緊急事態の宣言地域に準じた水準に対策を強める内容となった。広島市中心部の酒を出す飲食店に限っていた営業時間短縮の要請は、エリアを市全域へ広げ、業態も全飲食店や喫茶店、カラオケボックスへ拡大。県内全域で出勤者を7割減らすよう促す。18日から2月7日までの再延長で、対策はどう変わるのかを整理した。
(ここまで 205文字/記事全文 1243文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事