地域ニュース

山口県内の空襲、写真で解説 元徳山高専教授の工藤さん自費出版

2021/1/15 15:59
著書を手に「空襲の記録を正確に残していくことが大事」と語る工藤さん

著書を手に「空襲の記録を正確に残していくことが大事」と語る工藤さん

 日本の空襲被害を研究する元徳山高専教授の工藤洋三さん(70)=周南市須々万奥=が、山口県内の空襲の実態を伝える本を自費出版した。米国立公文書館などで入手した米軍の航空写真を基に調査、分析してまとめた。「体験者は高齢化しており、正確な記録を残していく時期に来ている」と訴える。
(ここまで 138文字/記事全文 859文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧