地域ニュース

共通テスト会場の準備着々 中国地方55会場、コロナ対策入念

2021/1/15 23:01
大学入学共通テストの会場となる広島工業大で、机の消毒作業をする清掃業者のスタッフたち(広島市佐伯区)

大学入学共通テストの会場となる広島工業大で、机の消毒作業をする清掃業者のスタッフたち(広島市佐伯区)

 16日に始まる大学入学共通テストを前に、会場となる大学などでは15日、教職員たちが準備に追われた。中国地方では55会場で約3万2千人が受験。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、大学側は受験生同士の間隔を十分空けるため教室を増やすなど感染防止対策に神経をとがらせている。
(ここまで 135文字/記事全文 645文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧