トピックス

広島県2人死亡34人感染 15日の新型コロナ【動画】

2021/1/16 7:07

 広島県で15日、新たに34人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市18人、福山市5人など。また、広島市と呉市は医療機関に入院していた各1人、計2人が14日に死亡したと発表した。県内の死者は計68人となった。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の18人は10〜90代で、うち50代の1人が重症、90代の1人が中等症。この日の記者会見した阪谷幸春・保健医療担当局長は、7〜13日の1週間に感染経路が分かった195人のうち、家庭内での感染が55%で過去最多になったと説明。「1人の感染から一家全員が陽性になる事例がいくつもある。家庭内でも食事を別にするなどの対策をしてほしい」と呼び掛けた。

 福山市の5人のうち1人は、国立病院機構福山医療センターの50代の退院患者で、関連のクラスター(感染者集団)は計75人となった。残る4人は20〜60代の男性。

 その他の感染確認は、府中町4人▽三次市、北広島町各2人▽呉市、府中市、坂町各1人。 

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<7>11都府県に緊急事態宣言再発令(2021年1月〜※随時更新)

【関連記事】

広島80万人に無料PCR検査検討 県、市中心部の住民・就業者対象

評価の一方、体制不安 広島県大規模PCR検査、医療者らの反応

広島県の出勤7割削減目標 「一律は困難」地元企業、対応に温度差



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧