地域ニュース

大竹キクイモ、知名度アップへ産学連携 高校生がレシピ、全国コンでアイデア賞

2021/1/16 13:58
「新しい特産品をおいしく食べてほしい」。キクイモのチップスを使ったフロランタンを作る大竹高3年生

「新しい特産品をおいしく食べてほしい」。キクイモのチップスを使ったフロランタンを作る大竹高3年生

 血糖値を抑える効果が期待される野菜キクイモの知名度アップに向けた産学連携が、大竹市内で盛んになっている。大竹高では生徒が創作レシピを増やし、全国規模のコンクールなどで入賞を重ねている。市内での栽培や加工を後押ししている商議所は大学の研究者を招き、先行する九州での取り組みを会員の商工業者に伝えている。
(ここまで 151文字/記事全文 1200文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 大竹商議所の会合で、キクイモの先進地での取り組みなどを紹介する松本講師
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧