地域ニュース

庄原地質学<庄原クジラ> 備北層群海、だった証し

2021/1/18 21:45
ミュージアムに展示するクジラの化石を眺める山岡さん(左)と大沢さん

ミュージアムに展示するクジラの化石を眺める山岡さん(左)と大沢さん

 「中国山地でクジラウォッチング」。庄原市の比和自然科学博物館のキャッチフレーズだ。展示の目玉は市内で産出したクジラの化石。「一地域から出るクジラの化石の量、種類は世界有数」。館長の進藤真基さん(70)は説く。
(ここまで 105文字/記事全文 1061文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 比和自然科学博物館が展示するペロケタス属のクジラの化石と模型
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧