トピックス

【続報】島根県で2人感染 19日の新型コロナ、松江市と益田市

2021/1/19 16:07

島根県庁

 島根県と松江市は19日、新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は益田市在住者で、結核の可能性があるとして県内で入院中に感染が判明した。現在は肺炎の症状があり、中等症。もう1人は松江市在住者で軽症という。いずれも年代、性別は非公表。

 【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 県によると、益田市在住者は、7日に下痢や38度台の熱などがあり、受診した医療機関でウイルス性胃腸炎と診断を受けた。その後も症状が続き、15、16日に再受診。肺炎の症状があったため、16日に紹介された別の医療機関を受診したところ、結核の疑いで即日入院した。この日の新型コロナのPCR検査では疑陽性。その後、結核でないことが分かった一方、18日の再検査で陽性となった。

 7日時点で、新型コロナの検査は実施していなかった。県は「下痢の症状がひどかったといい、新型コロナを疑ってもウイルス量が少ないと結果に反映されない。難しい判断だったと思う」との認識を示した。

 この感染者は、発症2日前に当たる5日以降は自宅で過ごしており、接触者はごく少数。県外への移動歴はないという。

 松江市によると、市内在住の1人は、県外に住む感染者の濃厚接触者。1月中にその感染者を交え、自宅で少人数で会食していた。16日に頭痛を発症。17日に県外の自治体から市へ情報提供があり、18日のPCR検査で陽性となった。直近で勤務はしておらず、接触者は限られるという。

 また、従業員2人の感染が確認された出雲市の美容院「サンキューカットゆめタウン出雲店」の関連では、これまでに利用者たち182人の陰性が確認された。(三宅瞳) 

【関連記事】

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<7>11都府県に緊急事態宣言再発令(2021年1月〜※随時更新)

島根県出雲市1人感染、県外に滞在し複数回会食 17日の新型コロナ

島根県松江市で1人感染 県外在住陽性者の濃厚接触者 16日の新型コロナ

島根県浜田市で2人感染 15日の新型コロナ



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧