トピックス

島根県飯南町長に新人の塚原氏 無投票で初当選

2021/1/19 21:34

無投票で初当選を果たし、花束を抱えて喜ぶ塚原氏(右から2人目)

 任期満了に伴う島根県飯南町長選は19日告示され、無所属新人で元副町長の塚原隆昭氏(57)のほかに立候補はなく、無投票で塚原氏の当選が決まった。無投票は2017年の前回選から2回連続。16年ぶりの新しい町長で、2005年に2町が合併してできた同町の2代目の町長となる。

 塚原氏は午前9時、同町頓原のふれあいホールみせん前で出陣式を開いた。「まちづくりに人は欠かせない。将来を担う子どもの声が聞こえる町を目指す」と訴え。医療と福祉環境の充実化、後継者不足に悩む商工業の振興なども強調した。新型コロナウイルスの感染防止策で握手は控え、有権者一人一人と言葉を交わした。選挙カーで町内全域を回り、支援を求めた。

 午後5時に無投票当選が決まった後、同ホールで報告会を開催した。「人口減少に真正面から取り組み、打ち勝っていく」と力を込め、支援者らと万歳した。

 町長選では、ほかに対立候補の擁立に向けた具体的な動きが終始なかった。(高橋良輔)

 塚原隆昭(つかはら・たかあき)氏 85年に旧頓原町職員。05年に2町の合併で発足した飯南町で企画財政課長などを務め、17年から副町長。20年11月に退職した。花栗。松江高専卒。

 ▽若者定住へ商工業振興

 塚原新町長の話 移住したい町、子育て支援で評価をいただいており、さらに踏み込んだ施策で子どもの声が聞こえるまちづくりを目指す。後継者不足に悩む商工業の振興を図り、若者の定住につなげたい。飯南病院を柱とした地域医療と福祉も充実させる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】柳井市長に井原氏4選 下村氏及ばず (2/28)

     柳井市長選は28日投開票され、無所属現職の井原健太郎氏(46)が、無所属新人の下村太郎氏(38)を破り、4選を果たした。 井原氏は、長年の懸案だった市中心部の遊休地への相次ぐ企業誘致など実績を強調。...

  • 柳井市長選、実績訴え井原さん 「企業誘致 成果を波及」 (2/28)

     28日投開票された柳井市長選は無所属現職の井原健太郎さん(46)が、無所属新人の下村太郎さん(38)を退け、4選を決めた。新人が変革を訴える中、企業誘致などの成果をまちづくりに生かす「市政継続」を訴...

  • 批判の声にどう向き合う【柳井市長選解説】 (2/28)

     柳井市長選で市民は、企業誘致など現職井原健太郎氏の3期12年の実績を評価し、継続を望んだ。ただ、市民の賛否が割れる旧柳井商高跡地への複合図書館建設にはほぼ触れず、議論が深まったとはいえない。投票結果...

  • 平井氏と平岡氏、柳井市議補選で当選 (2/28)

     柳井市議補選(2人)は28日投開票され、いずれも無所属で元職の保護司平井保彦氏(63)と、新人の元会社員平岡実千男氏(49)が当選した。市議の辞職と死亡に伴い、市長選と同日程で実施され3人が立候補し...

  • 自民広島県連が西田氏選対会議 信頼回復誓う【再選挙4・25 参院広島】 (2/28)

     河井案里元参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙(4月8日告示、25日投開票)で、自民党広島県連は28日、党公認で擁立する新人で元経済産業省官僚の西田英範氏(39)の選挙対策会議を広島市中区...