地域ニュース

広島市、勤労青少年ホーム3カ所閉館へ 21年度末、会員減り

2021/1/20 23:00

 広島市は、市内3カ所にある勤労青少年ホーム(通称・ユーストピア)を2021年度末で閉館する方針を固めた。働く青少年(15〜35歳)の交流を目的に勤労青少年福祉法(当時)に基づいて設置された施設で、談話室やホールを備えている。少子化などに伴い会員は減少傾向にあり、法改正で設置の努力義務もなくなったことから、役割を終えたと判断した。閉鎖や転用を検討する。
(ここまで 177文字/記事全文 605文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧