トピックス

広島県29人感染、2人死亡 21日新型コロナ

2021/1/21 22:23

広島県庁

 広島県で21日、新たに29人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市11人、福山市8人、府中町4人、呉市3人など。また広島市と呉市は、医療機関に入院していた各1人、計2人が20日に死亡したと発表した。県内の死者は計79人となった。

 広島市の11人は10歳未満〜70代。うち70代の1人が中等症。また、昨年12月30日にクラスター(感染者集団)発生を公表した医療機関で50代の職員1人、今月12日にクラスターを公表した事業所で20代1人の感染も新たに判明した。安佐南区と佐伯区では市立小の児童各1人も感染した。

 福山市の8人は20〜70代。うち2人は、クラスターが発生した福山医療センターの70代の退院患者と20代の職員で、関連の感染者は計81人となった。呉市の3人は50代と80代。うち80代の2人は、7日にクラスター発生を公表した病院の入院患者。一連の感染者は計26人となった。

 府中町の4人は10歳未満〜90代。町教委によると、うち1人は町立小の児童。

 その他の感染確認は、竹原市、尾道市、東広島市各1人。


【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況


【関連記事】
中国地方の新型コロナ死者100人超える

広島県で57人感染、4人死亡 20日、広島市は39人に急増

80万人PCR、実施方針を維持 広島県、2月上旬開始目指す


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧