トピックス

藤本呉市議 談合罪で罰金 江田島市ごみ袋入札 辞職は否定

2021/1/21 23:14

藤本哲智呉市議

 江田島市発注の指定ごみ袋の指名競争入札を巡り、応札業者が事前に調整して落札業者を決めたとして、藤本哲智(てつとし)呉市議(65)ら複数人が談合罪で略式起訴され、罰金の略式命令を受けていたことが21日、捜査関係者などへの取材で分かった。藤本市議は中国新聞の取材に罰金刑を受けたと認める一方、議員辞職は否定している。

 捜査関係者などによると、ごみ袋を製造、納入する業者を決めるため江田島市が2018年4月と19年4月に実施した指名競争入札で、藤本市議が設立した呉市の会社や広島県内の複数の業者があらかじめ口裏を合わせ、落札業者などを決めた上で応札していた。

 江田島市によると、いずれの入札も5社を指名。1社が辞退して4社が参加し、ともに広島市内の業者が18年は約1420万円、19年は約1570万円で落札した。予定価格は公表しておらず、最低制限価格も設けていない。

 広島県警は昨年5月、情報提供などを基に談合の疑いがあるとして藤本市議の関係先を家宅捜索。押収資料の精査や関係者の聴取を進め、同9月に藤本市議や応札業者の担当者ら数人を談合容疑で書類送検した。

 広島区検は同12月23日に藤本市議を談合罪で略式起訴し、広島簡裁が同日に罰金50万円の略式命令を出した。藤本市議は既に罰金を納付した。関係者によると、他の業者の担当者も罰金刑を受けたという。

 藤本市議は熊野町議の4期目途中に辞職し、19年の市議選で初当選した。中国新聞の取材に対し「(捜査段階で)会社の担当者が私の名前を出したので自分が表に出た。議員は続ける」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 被爆者でノンフィクションライターの関千枝子さん死去  (2/27)

     広島の被爆者で、原爆で亡くなった級友の遺族らに取材した「広島第二県女二年西組」などの著書で知られるノンフィクションライターの関千枝子さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都内の自宅で死去した。88歳。

  • 岡山県で1人感染、27日新型コロナ (2/27)

     岡山県で27日、新たに1人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県などによると、岡山市の1人で軽症という。 【関連記事】【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況岡山県知事、支援...

  • 【速報】山口県で3人感染、27日の新型コロナ (2/27)

     山口県で27日、新たに男女3人の新型コロナウイルス感染が確認された。いずれも周南市で、20代の男女と10歳未満の女性。 【関連記事】【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況山口県、...

  • 【速報】広島県で感染者発表ゼロ 4カ月ぶり (2/27)

     広島県の新型コロナウイルスの新たな感染者数の発表数が27日はゼロになったことが分かった。県によると、県内で感染の公表がないのは昨年11月3日以来、約4カ月ぶり。 【関連記事】【グラフ】広島県の新型コ...

  • 小森龍邦氏死去、88歳 元衆院議員、部落解放同盟広島県連顧問 (2/27)

     旧社会党の元衆院議員で、部落解放同盟広島県連顧問の小森龍邦氏が26日午後10時56分に肺炎のため府中北市民病院で死去していたことが27日、分かった。88歳。府中市出身。同県連委員長や中央本部書記長な...