トピックス

鞆の山側トンネル建設費1・8倍に膨らむ 精査後110億円に

2021/1/23 0:00

広島県が山側トンネルや交通・交流拠点の整備を加速させる福山市鞆町

 広島県による福山市鞆町の鞆港埋め立て・架橋計画の撤回後のまちづくりで、湯崎英彦知事が架橋の代替案と位置付けた山側トンネル建設の事業費が110億円となり、当初に概算で示した60億円の1・8倍に膨らむことが22日、分かった。長さが延びるなどしたのが要因という。県は2021年度一般会計当初予算案に12億4600万円を計上し、トンネルの本体工事に着手する方針を固めた。

 県は19年10月、トンネルの長さを2・1キロ、接続道路を含む全体を2・3キロとする計画案をまとめた。湯崎知事が19年2月に現地での説明会で示した案と比べていずれも0・2キロ延ばした内容だが、60億円としてきた事業費が延長に伴ってどう変わるかについては明確にしていなかった。

 複数の関係者によると、県は21年度にトンネルの本体工事を始めるのを前に、事業費を精査した。トンネルの延長にかかる費用をはじめ、人件費や資材の上昇などを見込んだ結果、概算から大きく上振れした。

 このため21年度当初予算案では、トンネル事業に用地買収の費用などを含めて12億4600万円を振り向けるほか、23年度までの工事費として90億円をあらかじめ確保する債務負担行為を設定する方針。23年度を目指す開通へ、工事を加速させるという。

 当初予算案では他に、鞆港東側の交通・交流拠点整備へ、町東側の原地区沿岸部の埋め立て費用などとして8億7200万円を積む構えだ。鞆港沖の仙酔島と結ぶ市営渡船「平成いろは丸」の発着場と約100台の一般駐車場、7台分の観光バス駐車場の将来的な整備につなげるという。

 この結果、トンネル建設を含む鞆地区のまちづくりに必要な県の「鞆地区振興推進費」は、21年度当初予算案で27億5200万円とする方向で大詰めの作業をしている。県は当初予算で、推進費として14年度に初めて3千万円を計上。15年度に9億8500万円へと大幅に増額した後は、20年度に最多の13億4300万円を充てるなど、10億円前後を確保している。(樋口浩二)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 被爆者でノンフィクションライターの関千枝子さん死去  (2/27)

     広島の被爆者で、原爆で亡くなった級友の遺族らに取材した「広島第二県女二年西組」などの著書で知られるノンフィクションライターの関千枝子さんが21日、出血性胃潰瘍のため東京都内の自宅で死去した。88歳。

  • 岡山県で1人感染、27日新型コロナ (2/27)

     岡山県で27日、新たに1人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県などによると、岡山市の1人で軽症という。 【関連記事】【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況岡山県知事、支援...

  • 【速報】山口県で3人感染、27日の新型コロナ (2/27)

     山口県で27日、新たに男女3人の新型コロナウイルス感染が確認された。いずれも周南市で、20代の男女と10歳未満の女性。 【関連記事】【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況山口県、...

  • 【速報】広島県で感染者発表ゼロ 4カ月ぶり (2/27)

     広島県の新型コロナウイルスの新たな感染者数の発表数が27日はゼロになったことが分かった。県によると、県内で感染の公表がないのは昨年11月3日以来、約4カ月ぶり。 【関連記事】【グラフ】広島県の新型コ...

  • 小森龍邦氏死去、88歳 元衆院議員、部落解放同盟広島県連顧問 (2/27)

     旧社会党の元衆院議員で、部落解放同盟広島県連顧問の小森龍邦氏が26日午後10時56分に肺炎のため府中北市民病院で死去していたことが27日、分かった。88歳。府中市出身。同県連委員長や中央本部書記長な...