地域ニュース

元県議証言<1>封筒の受領「記憶していません」

2021/1/23 1:22

 河井案里被告(47)が初当選した2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた夫で元法相の克行被告(57)=衆院広島3区=の第31回公判が22日、東京地裁であった。克行被告から2回にわたり計60万円を受け取ったとされる福山市内の元広島県議が検察側の証人として証言。現金授受について「記憶がない」と述べた。山県郡内の元町議の後援会員の男性も現金授受の状況を説明した。

【検察側の主尋問】

検察官 職業は無職か。

証人 はい。

検察官 学校法人を設立し、1997年に理事長になったか。

証人 そうです。

検察官 学校法人を運営しているか。

証人 はい。

検察官 95年に福山市の教育委員会で委員長を4年務め、99年に県議選に立候補して初当選したか。

証人 そうです。

検察官 自民党に所属する県議として4期務め、15年に引退したか。

証人 そうです。

検察官 学校法人の理事長は20年3月31日にやめたか。

証人 そうです。

検察官 その後は顧問を務めていたか。

証人 はい。しました。

検察官 いつまで。

証人 20年5月末までです。

検察官 学校法人に仕事でどう関わっているか。

証人 学校法人が創立40周年になり、40周年の記念誌を作るので参画しています。

検察官 参院選前に克行被告との関係は。

証人 河井克行さんは自民党の国会議員で、同じ自民党の県連の一員でしたが、話はなかったです。会合で顔を見受けることがありました。

検察官 ほかに関係は。

証人 ありません。

検察官 交流は。

証人 ありません。

検察官 克行被告の後援会に関わったり、支援したりしたことは。

証人 ありません。

検察官 県議選に立候補した時、克行被告から支援されたことはあるか。

証人 ありません。

検察官 克行被告に陣中見舞い、当選祝い、寄付をもらったこと、あげたことはあるか。
(ここまで 755文字/記事全文 7680文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧