地域ニュース

備後の専門店、ひな人形商戦が本格化 「コロナ禍の贈り物に」

2021/1/23 7:58
親王飾りや収納飾りなどずらりと並んだひな人形の手入れをする弓戸社長

親王飾りや収納飾りなどずらりと並んだひな人形の手入れをする弓戸社長

 桃の節句(3月3日)を控え、備後地方のひな人形専門店でも商戦が本格化している。業界は需要の低迷に加え、新型コロナウイルスの影響も直撃。福山市内の専門店は「桃の節句は、子どもの無病息災を願うもの。コロナ禍の贈り物として飾ってほしい」と呼び掛ける。
(ここまで 123文字/記事全文 534文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧