• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県で2人死亡23人感染、24日の新型コロナ 広島市14人、福山市4人など

トピックス

広島県で2人死亡23人感染、24日の新型コロナ 広島市14人、福山市4人など

2021/1/24 18:19

 広島県で24日、新たに23人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市14人、福山市4人、呉市と東広島市各2人、廿日市市1人。広島市と呉市は、県内の医療機関に入院していたそれぞれ1人の計2人が死亡したと発表した。県内の死者は計87人となった。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の14人は20〜80代。うち70代の2人が中等症。昨年12月24日にクラスター(感染者集団)を公表した市内の高齢者施設で職員2人、同12月30日にクラスターを公表した市内の医療機関で職員1人の感染が新たに分かった。

 また、北広島町がこの日、50代の町職員1人の感染を発表した。広島市が23日公表した患者に含まれるという。

 福山市の4人はいずれも20代だった。一部業務を中止していた福山医療センターは25日から、救急患者の一部受け入れと外来診療を再開する。

 呉市の2人は30代と60代。30代は7日に市がクラスターを公表した市内の病院の職員。一連の感染者は計31人となった。東広島市の2人は20代と50代。廿日市市の1人は50代。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル

【関連記事】

広島県内、23日は23人感染3人死亡 福山のJFEでクラスター 新型コロナ

広島市の感染者、年明けになぜ減った 広島市民病院の安井主任部長に聞く

80万人PCR費用を確保へ 広島県、補正予算に着手


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧