• トップ >
  • トピックス >
  • 広島市のコロナ感染状況が改善、18日以降「ステージ2」 広島県内25人感染1人死亡【動画】

トピックス

広島市のコロナ感染状況が改善、18日以降「ステージ2」 広島県内25人感染1人死亡【動画】

2021/1/25 19:22

広島市役所

 広島県で25日、新たに25人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市15人、福山市3人など。また広島市は、医療機関に入院していた1人が24日に死亡したと発表した。県内の死者は計88人となった。

 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 広島市の15人は10代未満〜80代。うち80代の1人が中等症。また1人は東区の市立中の20代教員だった。市は、民間の医療機関2カ所でクラスター(感染者集団)が発生したと発表。クリニックの通院患者8人と職員1人の計9人(うち重症1人)、病院の通院患者6人(うち中等症1人)の感染が分かった。

 市によると、直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は10人と、18日以降は政府分科会の区分で下から2番目の「ステージ2」(漸増)にとどまり、最も深刻だった「ステージ4」(爆発的拡大)から改善している。県の集中対策期間(2月7日まで)では、感染状況をステージ2以下とする目標を掲げている。

 この日記者会見した阪谷幸春・保健医療担当局長は「市民や事業所の感染予防策の効果が出ている。引き続き気を引き締め対策を徹底してほしい」と話した。

 福山市の3人は20〜30代。その他の感染確認は、尾道市、熊野町各2人▽呉市、東広島市、安芸太田町各1人。

 また広島拘置所(広島市中区)は同日、広島市在住の30代の男性刑務官1人の感染を発表した。 

【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル<7>11都府県に緊急事態宣言再発令(2021年1月〜※随時更新)

【関連記事】

「準宣言地域」はしご外された広島県 政府、広島市の感染「好転」理由に 飲食店向け協力金減額

協力金大幅減、飲食店「痛い」 広島市の準宣言地域見送り

広島県、集中対策を再延長 2月7日まで、感染抑え込み狙う



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧