• トップ >
  • トピックス >
  • ブラックホール停止の原因解明 東京大・筑波大・尾道市立大チーム発表

トピックス

ブラックホール停止の原因解明 東京大・筑波大・尾道市立大チーム発表

2021/1/26 1:26

 宇宙の多くの銀河の中心にある「超巨大ブラックホール」は、他の銀河との衝突で活性化するだけでなく、中心部と衝突すれば活動が止まるとの研究結果を、東京大、筑波大、尾道市立大の研究チームが26日付の英科学誌ネイチャーアストロノミーで発表した。謎の多いブラックホールや銀河の成長をひもとく鍵になると期待される。

【動画】徳山高専など6高専開発の超小型衛星 2022年度宇宙へ

 東京大の三木洋平助教と筑波大の森正夫准教授、尾道市立大の川口俊宏准教授=いずれも宇宙物理学=の共同研究。太陽の質量の10万倍以上ある超巨大ブラックホールは強い光を発する例もあるが、天の川やアンドロメダなど多くの銀河の中心部では活動していない。アンドロメダは約10億年前に小さな衛星銀河と衝突した形跡があり、チームは活動していない原因を探るため観測を進めた。

 東京大などのスーパーコンピューターによる解析により、銀河中心部に衛星銀河が衝突すると、ブラックホールの輝きを促す「トーラスガス」を吹き飛ばすことが判明。衝突角度が直角に近いほどその量が増えることも分かった。アンドロメダだけでなく他の銀河にも当てはまった。

 衛星銀河との衝突によってトーラスガスの働きが強まることは分かっていた。今回の解析でその現象は周辺部に限られ、中心部と衝突すると、逆に活動が止まると明らかになった。

 川口准教授は「急激に活動を停止したブラックホールが近年多く観測されている。その謎に迫れる可能性がある」と話す。(田中謙太郎)

【関連記事】

【ブラックホールとは】

はやぶさ2の岩石試料分析 広島大大学院・薮田教授



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧