• トップ >
  • トピックス >
  • 男児にわいせつ行為の疑い、キャンプボランティアの男逮捕 広島県警

トピックス

男児にわいせつ行為の疑い、キャンプボランティアの男逮捕 広島県警

2021/1/26 21:32

広島県警本部が入る県庁東館

 キャンプにボランティアスタッフとして参加し、男児にいかがわしい行為をしたなどとして広島県警捜査1課と広島南署などは26日、住所不定、無職橋本晃典容疑者(29)を強制性交と強制わいせつ、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2019年6月、広島市でのキャンプに参加していた当時10歳未満の小学生男児が13歳未満と知りながら、会場内で下半身を触るなどのわいせつ行為をし、その様子を撮影して保存した疑い。同課によると黙秘しているという。

 キャンプには、主催団体の募集に応じて県外から参加。男児の保護者が県警に相談して容疑が浮上した。県内では同様の被害届が複数出ており、関連を調べる。橋本容疑者はベビーシッターとしての派遣先で男児にいかがわしい行為をしたなどとして警視庁や神奈川県警に強制わいせつ容疑などで逮捕されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧