地域ニュース

【バスケットボール】マーフィー、司令塔挑戦 27日地元で名古屋D戦

2021/1/26 22:39
ボール運びや攻撃の組み立てを担うポイントガードに挑戦するマーフィー

ボール運びや攻撃の組み立てを担うポイントガードに挑戦するマーフィー

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)広島は27日(午後7時5分)、広島サンプラザで名古屋D戦に臨む。16連敗脱出へのキーマンとなるのが、新人マーフィー。「ポイントガード」という新たな役割を担い、コートに立つ。

 開幕から、得点力や器用さが求められるシューティングガードでプレーしてきた。シーズン序盤は5試合で30分以上出場したが、アウトサイドのシュートが決まらなくなり、得意のドリブル突破も警戒されて数が減ってきた。「研究されていると感じ、スランプみたいにもなっていた」とプロの壁にぶつかっている。

 再生に向け、前節の三遠戦から取り組んでいるのが、攻撃を組み立てるポイントガードだ。「コート上の監督」と呼ばれる重要な役割で、身長196センチのマーフィーが務めれば、5人全員が190センチ以上の布陣を組むことが可能。堀田監督は「攻撃面でプラス。(弱点の)リバウンドも改善できる」と起用の意図を説明する。

 「新人なので全てを学ぶ姿勢でいる」とマーフィー。成長し、約2カ月ぶりの勝利を引き寄せることを誓う。(矢野匡洋)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧