• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県内「市中感染続く」 集中対策中間報告、経路不明が4割【動画】

トピックス

広島県内「市中感染続く」 集中対策中間報告、経路不明が4割【動画】

2021/1/26 23:00

広島県の集中対策で中間報告をする湯崎知事

 広島県は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むための集中対策で、中間報告をまとめた。広島市を中心に県内の感染者数は減少傾向にあるが、感染経路が分からないケースが約4割あり、市中感染が続いていると分析。湯崎英彦知事は、なお再拡大する恐れがあるとして、再延長した2月7日の対策期限までは外出機会を半減するよう、県民に協力を呼び掛けた。

 中間報告は、湯崎知事が臨時の記者会見を開いて説明した。「県として感染者の減少傾向を続けられるか、非常に重要な時期だ。強い警戒がいるのは変わらない」と引き締めた。

 県によると、24日までの1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は広島市で10・1人、県全体で8・1人。ともに、政府分科会が示す感染状況で上から2番目のステージ3(感染急増)の指標(15人)を下回った。県独自の警戒基準値(4人)は超えている。

 広島市では一時、ステージ4(爆発的感染拡大)の指標(25人)を大きく上回っていた。県は市内の飲食店に対する営業時間の短縮要請などで、飲食の場を通じた感染増加を抑えられたとみている。ただ、感染経路が不明なケースが21日公表分までで44・4%を占めており、市中感染は継続している可能性が高いとした。

 県は県内11カ所で、昨年1月下旬時点と比べた昼の人出の減少率を調べている。今月18日からの1週間は24%減で、全国に緊急事態宣言が出ていた昨年5月前半の65%減と比べて下げ幅が小さいという。

 湯崎知事は、人出が減らない背景には新型コロナに対する県民の「慣れ」があるとして「感染者をしっかり減らすには、もう一段の人出の減少が必要だ」と強調した。日常生活に必要な買い物を含めた外出機会の半減や、事業所の出勤者7割削減を促している。(岡田浩平) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧