• トップ >
  • トピックス >
  • 副市長公募、2500人超名乗り 広島県安芸高田市、年収は1210万円

トピックス

副市長公募、2500人超名乗り 広島県安芸高田市、年収は1210万円

2021/1/27 20:57

記者会見で副市長公募の狙いなどを説明する安芸高田市の石丸市長(4日)

 広島県安芸高田市が今月始めた2人目の副市長の全国公募で、応募件数が27日までに2500人を超えた。石丸伸二市長は「うれしい悲鳴。市と市役所の発展、成長に好影響を与える人材を選びたい」と強調。4月1日の就任に向けて選考を進める。

 副市長の公募は人材サービスのエン・ジャパン(東京都)が運営するインターネットサイトで、今月4日に募集を始めた。以降、首都圏や関西圏、広島県内を中心に各地から応募が殺到。24日ごろに2千人を超え、31日の締め切りを前に今も増え続けている。職歴も製造業や商社、官公庁、農林業など多岐にわたるという。

 同社がこれまでに募集に携わった副市長の全国公募では、2017年の大阪府四條畷市で約1700人、20年の富山県氷見市で約800人の応募があった。千人以上の応募を期待していたという石丸市長は「知名度が高くない安芸高田市に関心が集まっている」と受け止める。応募が殺到した要因については新型コロナウイルスによる社会情勢の変化にも触れ「都市部からの地方に対する注目が高まっている影響もあるのでは」とみる。

 市は締め切り後、書類選考で面接に進む応募者を選ぶ。当初は20〜30人程度に絞り込む予定だったが、応募者が多かったため通過人数を増やすかどうかも検討する。2月上旬から、市職員や石丸市長たちが2度面接をして内定者を決める。同24日に開会予定の市議会定例会へ選任同意案を提案する方針。副市長の年収は約1210万円としている。(和泉恵太)

【関連記事】

副市長を全国公募 安芸高田市長、求めるのは多角的視点・課題解決力・使命感

安芸高田市長「一般質問答えられない」と発言、ツイートも 市議会「どう喝」問題で



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】運転再開、JR山陽線三原―白市間 (2/28)

     JR西日本広島支社は28日午後6時45分、倒木を撤去するため見合わせていた山陽線の白市―三原間上下線の運転を再開した。    ◇ 28日午後3時55分ごろ、JR山陽線の河内―本郷間で、下関発大阪行き...

  • 広島県で2人感染 28日の新型コロナ、広島市と福山市各1人 (2/28)

     広島県で28日、新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認された。広島市の50代と福山市の30代で、両市での感染確認はいずれも2日ぶり。2人とも軽症という。県内の新規感染者の発表は12日連続で10人を...

  • 【速報】岡山県で5人感染 28日の新型コロナ (2/28)

     岡山県では28日、5人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。岡山市4人、瀬戸内市1人。県内の感染確認は2483人となった。【特集】新型コロナウイルスNEWSファイル

  • 【速報】山口県で2人感染 28日の新型コロナ (2/28)

     山口県で28日、新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認された。下松市の40代男性と下関市の20代男性。 【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【特集】新型コロナウイルスNEWS...

  • 【速報】広島県福山市1人感染 28日新型コロナ (2/28)

     広島県福山市は28日、市内で新型コロナウイルスの感染者1人が確認されたと発表した。 【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況