地域ニュース

レモンに頼らぬ産地推進 相次ぐ寒波で尾道・瀬戸田の農家対策

2021/1/28 7:55
標高約100メートルの畑で、はるかの育ち具合を確かめる原田さん

標高約100メートルの畑で、はるかの育ち具合を確かめる原田さん

 日本有数のレモン産地、尾道市瀬戸田町で、近年相次ぐ寒波を受けてレモンだけに頼らない産地づくりが進んでいる。レモンは人気があり高値も見込めるため栽培面積は増え続けるが、寒さに弱いのがネック。同町をエリアとするJA三原(三原市)は、かんきつ数種の並行栽培により経営安定化を進める。
(ここまで 139文字/記事全文 1024文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧